韓国の紹介
韓国の魅力
韓国料理
伝統文化
イベント
テーマ旅行
話題の人物
韓国の文化教育/講習
今日の歴史
仁川国際空港
金浦国際空港
都心空港ターミナル
国内、国際電話
ソウル観光案内所
在韓大使館、領事館
在韓外国観光庁
ソウル地下鉄路線図
今月の文化情報 ソウル紹介 ソウル主要地図
宿泊 グルメ エンターテイメント エリア ショッピング 役立つ情報
 Home >> 今日の歴史
今日の歴史

[ 2003-11-13 ] ツベルクリン療法を発表 (1890.11.13)
   ドイツの鉱山技師の息子として生まれ、ゲッチンゲン大学の医学校を卒業したドイツの偉大な細菌学者ローベルト・コッホ(Robert Koch)は 1905年には、この日ツベルクリン療法の発表をした。1905年にはノーベル生理・医学賞を受賞している。
[ 2003-11-13 ] フランス画家 ピサロ死去 (1903.11.13)
   デンマーク領西インド諸島サン・トマ島の生まれのフランス系ユダヤ人のカミーユ・ピサロ(Camille Pissarro )は、モネやセザンヌらと知り合い、印象派における中心的存在となる。1874年第1回印象派展に参加。以後、1886年までの計8回に及ぶ印象派展すべてに出品し続けた唯一の人物であった。ピサロは、印象派の中での有能な教育者であり、多くの画家の模範であった。




 
Copyright © 2001 What's On Communications Inc. All rights reserved.
post@whatsonkorea.com